記事一覧

Hello,Goodbye

ドローイング 「アンジー」僕にとって絵を描くという行為は自分の感情を否定しないで、自分自身を純粋に表現するということ。制作という自己との対峙、対話の中では自分に正直になることができる。様々な感情が僕を突き動かす。その感情は昨日や今日に感じたものだけではなく、十代の頃や幼い頃に感じたものすべて。悲しみや怒りで胸がつぶれそうになっていても、絵を描き終える時には穏やかな気持ちになっている自分、全てを許し...

続きを読む

デイジー

アクリル画 / Acrylic PaintingデイジーDaisy2002年 アクリル絵具、キャンバス 72.7×72.7㎝...

続きを読む

ACTアート大賞展2021

at The Artcomplex Center of Tokyo一次審査通過、作品を展示していただけることになりました。...

続きを読む

Untitled

ドローイング / DrawingUntitledUntitled2005年 鉛筆、クロッキー用紙 35.6×26.8㎝...

続きを読む

Untitled

ドローイング / DrawingUntitledUntitled2004年 鉛筆、クロッキー用紙 35.6×26.8㎝...

続きを読む

名刺

My Cardできた☆夢の先を 生命はいくよああ トンチンカン たとえ話 屁理屈はもういいああ ボクは いつか 君に会える そんな気がしているんだ...

続きを読む

Untitled

ドローイング / DrawingUntitledUntitled2004年 鉛筆、クロッキー用紙 35.6×26.8㎝...

続きを読む

Dig It

ドローイング 「ホームシック」悲しみや怒りで胸がつぶれそうになっていても、絵を描き終える時には穏やかな気持ちになっている自分、全てを許している自分がいる。笑ってしまうでしょう? 恥ずかしいこと胸がぎゅっとするでしょう 惨めな思い出でたらめに描いた絵も消えない痛みも染められていくマジックアワーで...

続きを読む

好きになる。夢中になる。生き方になる。

映画 「エポックのアトリエ 菅谷晋一がつくるレコードジャケット」よかった。菅谷晋一さんの素晴らしいお仕事の数々を拝見できました。ものづくりっていいな。アダムの罪がリンゴなら僕らはレコード...

続きを読む

カレン

ドローイング / DrawingカレンKaren2019年 鉛筆、版画紙 35.0×26.5㎝...

続きを読む